正則の47都道府県最高峰

アクセスカウンタ

zoom RSS 第17回 剣山<徳島県最高峰>

<<   作成日時 : 2007/06/01 09:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 四国山地の主流は石鎚山脈と剣山地である。西の石鎚山は四国一の最高峰であり、東の剣山は四国第2の高峰である。前回に続き、四国シリーズ山行の2弾が剣山です。この剣山は徳島県の最高峰です。吉野川の上流、祖谷川と那賀川の水源ともなっています。この山の名前の由来は安徳天皇の御剣を頂上の宝蔵石に収めたので「剣山」というようになったと伝えられているそうです。

徳島県/最高峰:剣山(標高:1955メートル)

<正則の山行記録3・第213回>より
実施日:平成12年5月2日〜6日
目的地:竜王山(香川県)・剣山(徳島県)・石鎚山(愛媛県)・瓶ガ森(高知県)
メンバー:妻と私(49才)

5月3日(前回/竜王山からつづく) 
 少し暑いようだ。ローソンで弁当を買い込む。(四国はローソンが多い。セブンイレブンは見当たらなかった)貞光から438号線に入るが細い山岳路である。町並みもまた狭い。トラックが来ると大変だ。夫婦池のキャンプ場を通り過ごしてしまった。本日の宿泊予定地なのである。見の越峠は車で一杯なので手前カーブ空き地に駐車した。キャンプ予定地を変更し、今日は高知まで行くことにする。まずは徳島県最高峰の剣山に登ろう。午後1時5分に出発。ここら辺の道路は路上駐車で車が続く。登山口からリフトに乗る。(見の越〜西島駅)片道1000円である。終点から30分で頂上に着いた。誰でも登れる山だ。広い高原状の山頂で観光客から登山者までさまざまな人が周りの景色を堪能しているようだ。東に紀伊の大峰山系、西に石鎚山脈、好天時には山陰の大山も見えるとか。日差しが強いのですが、遠くの山は雲で遮られて見えませんでした。帰りは歩いて降りる。3時15分。
山岳路を下り、奥祖谷のかずら橋を見物する。極端に交通量の少ない439号線に入る。標高1100mの京柱峠に寂しそうに一軒のラーメン屋があった。県道32号線から国道32号線に出た方がずっと早い感じである。峠道を運転し続けて疲れた。道の駅で夕食にする。暗くなってきた。市内に入り、モーテル探しである。
(続く、18回<愛媛県最高峰:石鎚山)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第17回 剣山<徳島県最高峰> 正則の47都道府県最高峰/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる