アクセスカウンタ

正則の47都道府県最高峰

プロフィール

ブログ名
正則の47都道府県最高峰
ブログ紹介
「正則の山行記録」から始まり、「正則の山行記録2」、「正則の山行記録3」、現在「正則の山行記録4」を掲載中です。子供の頃から登り始めて、好きな山を日本全国の山を目指して、これからも健康な限り登り続けたいと思っています。他に「正則の山行記録3000」も掲載しています。皆様のご意見などありましたら、お聞かせください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「47都道府県の最高峰について」について
「正則の47都道府県の最高峰について」 47都道府県最高峰を完全踏破いたしました。今後、この掲載した山へ登られる方の参考になればと思います。但し、内容が古くなっているものもあり、直近の情報も入手されると良いと思います。 またこの記録は息子達への私が生きてきた証明(妻とともに)として残した記録でもあります。皆さんには読みにくい内容も多くあり、ご容赦ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/10 14:30
第43回(最終回) 二ノ峰<福井県最高峰>
私の47都道府県最高峰の旅はこの回で終了とさせて頂きます。未踏の熊本県と岩手県は近い将来、再挑戦して各県の最高峰欄に追記したいと思います。ご愛読いただきまして皆様にお礼申し上げます。 追記:平成25年10月22日、熊本県最高峰・国見岳に無事登頂しました。平成26年7月17日、岩手山登頂。47都道府県最高峰、完全踏破しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/09/04 11:00
第42回 葛城山<大阪府最高峰>
大阪府の最高峰は葛城山(大和葛城山)である。標高960メートル。金剛山地にあり、大阪府と奈良県にまたがる。御所市からロープウェーで上がれる。山頂は高原に囲まれた景色の良いところだ。遠くに大阪市内が望める。近くには金剛山も目の前に見える。この金剛山に大阪府の最高点があり、標高1053メートル。今回は最高峰と最高点を紹介いたします。また誤解しやすいのが、和泉山脈にある葛城山(和泉葛城山)である。標高857メートルで大阪府と和歌山県の境にある。大和葛城山は家族連れでも気楽に登れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/11 17:15
第41回 龍神岳<和歌山県最高峰>
 龍神岳は和歌山県田辺市龍神村と奈良県吉野郡十津川村との境にある。標高は1382メートルで、和歌山県の最高峰。護摩壇山の約700メートル東に位置している。従来は護摩壇山が和歌山県最高峰とされてきたが、2000年に隣にある無名の山のほうが高いことが判明し、田辺市が名称を募集した結果、2009年3月3日、「龍神岳」と命名されたそうである。 この場所へのアクセスは車。高野龍神スカイラインの開通により、護摩壇山頂上直下まで車が入れる。峠の駐車場に車を置いて、護摩壇山と龍神岳を1時間半で往復できる。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/24 10:58
第40回 氷ノ山<兵庫県最高峰>
氷ノ山後山那岐山国定公園(兵庫、岡山、鳥取の三県にまたがる中国山地の東部にある)の一角にこの山がある。兵庫県最高峰で「ひょうのせん」と読む。(主峰は須賀の山)。周辺はスキー場で有名。登山口は一般的には兵庫県側の福定親水公園から入山する。一方、この山は鳥取県との県境でもあり、鳥取県の若桜からも入れる。私は旅行の行程上、このコースを取る。前回の後山から引き続いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/22 09:08
第39回 後山<岡山県・最高峰>
後山(うしろやま)とは中国山地の東部に氷ノ山後山那岐山国定公園の一角にある。備前、備中の奥に美作(みまさか)にあり、播磨の国と隣り合わせとなっている。要するに岡山県、兵庫県の県境である。この山の標高は1345メートル。岡山県の最高峰。山麓には女人禁制の行者修験場である道仙寺がある。 登山口は兵庫県よりでは救霊の滝登山口、岡山県側から船木山登山口、駒の尾山登山口(美作市からと西粟倉村の2箇所)がメインである。私達は急ぎの旅なので最短コースの船木山登山口コースを選ぶ。 今回の山行は岡山県最高... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/20 10:16
第38回 小蓮華山<新潟県・最高峰>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(写真中央:雷鳥)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新潟県最高峰の山である。平成19年夏に山頂の崩落が発見され、測量し直した結果、3メートル下がり、2766メートルとなった。この山は北アルプス北部に位置する。後立山連峰では宗教色がない中で珍しく享保1年(1801年)山頂に大日如来が建立された。信州側では大日岳とも呼ばれている。一般的に白馬岳と栂池を結ぶ尾根上にあり、新潟県の最高峰という認識が少ない。夏場のアルプス気分を味わえる最高のスポ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/07 08:59
第37回 寂地山<山口県・最高峰>
山口、島根、広島の三県に接する山地の山頂一帯を寂地原(じゃくちばら)と呼ばれている。その最高峰が寂地山で山口県の最高峰でもある。標高1337メートル。全山ブナの原生林であり、寂地杉が混生している。頂上付近にはカタクリの花が群生する。交通の便が悪いので自家用車を利用すると良い。登山口は冠高原の松ノ木峠から県境沿いのルートと犬戻(いぬもどし)峡の林道口がある。 私は前回に続き、三段峡温泉から寂地峡へ移動した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/08 13:55
第36回 恐羅漢山<広島県・島根県最高峰>
 この山の名前は「おそらかんざん」と読む。中国山地西部の冠山山地の最高峰であり、広島県と島根県の県境にあり、そして両県の最高峰でもある。近くに断層が走り、比較的急峻な谷間が刻まれ、そのひとつに三段峡がある。また冬は積雪量も多く、スキー場としても有名である。静かな三段峡温泉でゆっくりして山菜料理と川魚で舌鼓をし、渓谷を歩くことも出来る。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/21 14:03
第35回 祖母山<宮崎県最高峰>
今回が九州地方最後の宮崎県となった。この「祖母山」というめずらしい名前の由来は古くは姥岳、又は鵜羽岳と呼ばれ山頂に神武天皇の祖母、豊玉姫を祭つたことからだといわれている。九州中央東部に位置し、祖母傾(そぼかたむき)国定公園にあり、大分、宮崎両県にまたがる。大断層線に接し地形、地質が複雑である。植物も種類が豊富で垂直分布が貴重である。特に祖母山はモミ、ツガを混じえる自然林の山林となっている。標高1757メートルの一等三角点があり、東面には峻険な岩壁からなり、九州本土では5番目の高さになる。登路... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 21:27
第34回 久住山・中岳<大分県最高峰>
第33回の釈迦岳からのつづきです。この山は大分県西部、久重火山群の主峰で大分県の最高峰です。九重火山は白山火山帯に属する火山群で、主峰久住山を中心とする大船山、星生山、三俣山などのトロイデ型火山からなっています。阿蘇国立公園に属し、広大な裾野をもち、南の久住高原、北の飯田高原は行楽地、放牧地として有名です。四季を通じ、すぐれた景観を持ち、特にミヤマキリシマの大群落は見ものです。また近くに湯布院、黒川温泉もあり、山登りの後は楽しみも倍増になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/28 14:45
第33回 釈迦岳<福岡県最高峰>
山頂の標識には「釈迦岳」、おおよその地図帳には「釈迦ヶ岳」となっている。また山と渓谷社の山岳辞典では「釈迦ガ岳」と表記されている。いつも思うのだが、「ヶ」「ガ」の違いは何なのだろう。特に山の名前にはどちらでも使われている。厳密に分ける必要もないのかも。この件については追求せず、現場の標識を尊重して、「釈迦岳」として、書くことにしました。この山は九州北部に位置し、九重連山と筑肥山地に挟まれた南北の山並み(津江山系)のひとつである。この山の東部の川は筑後川に注がれ、山の西部には矢部川となり、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/18 09:23
第32回 雲仙普賢岳<長崎県旧最高峰> 
 雲仙岳は島原半島の中央にあり、塊状火山、成層火山が複合された火山群の総称である。普賢岳、国見岳、妙見岳の三峰、野岳、九千部岳、矢岳、高岩岳、絹笠山の五岳からなる山体の総称である。「肥前風土記」には高来峰(たかぎみね)と記されている。雲仙はもとは「温泉」と表記され「うんぜん」と読ませていたが、国立公園指定の際に現在の表記に改められた。  長崎県の最高峰はちょっと前までは普賢岳(標高:1359メートル)であった。平成2年から平成7年にかけての火山活動で形成された平成新山(へいせいしん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/09 10:22
第31回 経ヶ岳<佐賀県最高峰>
 佐賀県の最高峰である。九州の大村湾と有明海に挟まれている多々良山系に位置する。豊肥火山活動によってできた複輝石安山岩からなり、南壁は岩登りのゲレンデになっている。登山口の黒木まで長崎空港(大村)から車で1時間で入れる。 今回は佐賀県の最高峰と長崎県の最高峰を目指しました。先に佐賀県の最高峰をご案内します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/15 15:53
第30回 伊吹山<滋賀県最高峰>
伊吹山は滋賀、岐阜県の県境にある伊吹山地の南端に位置し、標高1377メートル。夏は登山、冬はスキーで賑わう。全山、草に覆われている。古くから伊吹モグサは薬草として採集されている。また麓には関が原があり、歴史に興味のある方には見逃せない場所である。 〜前回の京都府最高峰・皆子山から続いています。〜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/18 16:30
第29回 皆子山<京都府最高峰>
京都府の最高峰は皆子山である。丹波高地の東端に位置し、比良山地の蓬莱山の向かい側にある。標高971.5メートル。特別高い山ではない。9百メートル前後の山々に囲まれている。京都市から比叡山に向かって、若狭湾へ進む鯖街道沿いにこの山はある。歴史探訪を兼ね、京都の寺めぐりして帰るのも良いと思う。 さて今回は京都府と滋賀県の最高峰を目指した。まずは皆子山から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/07 13:20
第28回 国見岳<熊本県最高峰>
熊本県の最高峰「国見岳」。標高は1739メートルである。霧島火山帯の北端に位置し九州山地にある。阿蘇山、霧島山の中間地点にあり、地味な山である。地元の人に熊本県の最高峰を尋ねたら分からないという。当然山に興味のない方に聞いてもムダだと思ったが意外と知られていないことは事実である。今回この山を目指すに当って情報が足りないことである。観光地化されていないのでまた魅力でもあるのだが。少ない情報を自らの経験を生かし駆使するのもまた楽しいのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 09:34
第27回 岩手山<岩手県最高峰>
岩手県の最高峰は岩手山(標高:2041メートル)。那須火山帯にあり、奥羽山脈にある。岩手県盛岡市北西に位置し、十和田八幡平国立公園内にある。西岩手山外輪山(三重火山)と新しく噴火した東岩手山(二重火山)の二つが重複して五重火山となっている。主峰は東岩手外輪山の薬師岳である。登山口は柳沢、網張、西山新山、松川、東八幡平、平笠の6コースがある。特に網張温泉は岩手県山麓国民休暇村があり交通の便が良い。 「ふるさとの 山の向いていうことなし ふるさとの山はありがきかな」で有名な石川啄木の歌であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/23 15:52
第26回 秋田駒ヶ岳<秋田県最高峰>
 富士山、御岳山、男体山、女体山、茶臼岳という山名は日本全国に結構多い。今回紹介する山もまた非常に多い。余りに多いので、○○駒という具合にその地方名が頭につけることが多い。たとえば、甲斐駒(南アルプス)、木曽駒(中央アルプス)、越後駒(越後三山)、会津駒(福島県尾瀬)という具合である。駒ケ岳という山名には馬に似た形なのか、残雪が遠く見たときに馬の形に似ているとか、馬に関わることから付いているのだと思う。  東北の名山、秋田駒ケ岳は奥羽山脈、秋田県と岩手県の県境に位置し、那須火山帯の中にある。こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/18 10:31
第25回 岩木山<青森県最高峰>
岩木山は青森県弘前市西方に位置し、鳥海火山帯に属する。そして青森県の最高峰でもある。別名、津軽富士とも云われている。山麓には岩木山神社があり、百沢、岳、湯段の温泉がある。またリンゴ園が広がっている。りんごを食べながら湯船に浸かると青森の温泉だと実感する。また弘前市内で城址公園の散策も楽しめる。観光を兼ねた登山を今回試みてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/24 16:45

続きを見る

トップへ

月別リンク

正則の47都道府県最高峰/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる